施工管理は現場と事務の両輪業務は多岐に渡る

グローバル・キャスト永井 龍也

施工管理の仕事とは、一般にいわれる現場監督のことです。現場の品質管理や工程管理はもちろん、予算管理や発注作業等の事務処理、またお客さまとの打ち合わせに参加したりと、業務内容は多岐に渡ります。私の一日は、まず抱えている現場を回って、職人さんと問題点や工程についての確認をするところから始まります。現場の清掃を行い、綺麗に保つことも私の大切な仕事です。帰社後は、現場で発生している問題点を解決すべく、設計や営業担当と相談し、図面のチェックや予算書の作成を行っております。

完成させる、引き渡す、やりがいの多い仕事

棟数の多い現場を完成させた時、また注文住宅でお客さまの要望に応え難しい工事をやり遂げた時の達成感は格別です。建物を無事に引き渡し、お客さまから「素敵な家をありがとう」などと言葉をいただいた時は、この仕事をやっていて良かったなと感じます。今後は知識を増やし、さらに難しい物件にも対応できるようにしたいと考えております。そのために1級施工管理技士と1級建築士の資格を取ることが目標です。