グローバル・エルシード

開発事業部 用地仕入課

堀場 幸法

2012年入社

Horiba Yukinori

THEグローバル社グループが戸建住宅やマンションを建設し販売するためには、まずは土地が必要です。私が所属する株式会社グローバル・エルシードの開発事業部 用地仕入課という部署は、まさにその土地を取得する業務を担当しています。さまざまなプロジェクトのスタートに当たる、重要な仕事だと言えます。

WORK

プロジェクトを左右する
土地の見極め

  • 私が所属する株式会社グローバル・エルシードの開発事業部 用地仕入課という部署は、グループが戸建住宅やマンションを建設し販売するための土地を取得する業務を担当しています。「用地取得」はさまざまなプロジェクトのスタートに当たる、重要な仕事です。
    土地を購入する際には、価格だけでなく、用途に合った土地かどうかといった見極めが重要になります。今まではマンションのための土地を探すことが主な業務でしたので住宅地などの住みやすい場所が候補でした。
  • しかし、最近ではホテルのための土地を探すことが増えているため、候補となるのは、駅前や繁華街となるので、プロジェクトによって、探すべき土地の条件も変わってきます。
    用地仕入課は、物件の建設スケジュールや予算の管理も行っています。いわばプロジェクトのリーダーといった存在です。土地の購入というスケールの大きい仕事を任されているプレッシャーはあり、常に緊張感を持って業務に当たっています。大きな責任が伴う仕事ですが、やりがいも大きな仕事です。

Project

土地はお金ではなく、
熱意で仕入れるもの

  • 入社当初は、とにかく毎日不動産の仲介業者を訪問し、販売されている土地の情報を収集しました。そんなある日、ちょうど当社が注力しているエリアの物件を紹介していただくことができました。しかし、人気のエリアであれば、紹介されたからといっても必ず土地が購入できるわけではなく、多数の競合他社と競わなければならなくなります。
  • そこで私は毎日仲介業者のところへ向かい、交渉を続けました。魅力のある建物を建てる自信は会社にあり、私にもありました。熱意をもって業者の説得にあたり、その結果、思いが通じて「グローバル・エルシードに売りましょう」という言葉をいただくことができました。このことは、言葉で言い表せないほどの喜び、達成感となり、今は私の仕事の大きな自信にもなっています。

TURNING POINT

意欲にしっかりと
応えてくれる会社

数百億円規模のプロジェクトを
統括するリーダーを目指す

もともと土地を扱う仕事、開発をする仕事に興味を持って就職活動をしていました。しかし、用地の仕入や開発は、新人がすぐにできる仕事ではなく、知識や経験が豊富な人が担当することが多い業務で、なかなか自分の希望にあった会社が見つかりませんでした。
しかし、THEグローバル社には、新卒募集の項目で「用地仕入」という職種がありました。「これだ!」と直感で私は感じました。仕入や開発に若い力を積極的に活用し、チャンスをくれる。説明会や面接で会社に行くたびに「やりたいことができる会社だ」と感じることができたので、入社の意志を固めました。
入社後、私は開発事業部の用地仕入課に配属され、希望通りの仕事に就くことができました。

数百億円規模のプロジェクトを統括するリーダーを目指す

入社5年。数々のプロジェクトを経験し、会社を代表とするような数百億円規模もの大きな開発プロジェクトにもメンバーとして関わってきました。
日々の仕事には満足しています。しかし、私の目標は、まだこの先にあります。ゆくゆくはリーダーとして、プロジェクト全体を統括して管理したい。この目標に向かって、私は日々勉強を続けています。

1日のスケジュール

8:30 1日のスケジュール 出社 一日のスケジュール確認、メールチェック。
9:00 1日のスケジュール 朝礼 クライアントに電話、アポイント調整、書類チェック、社内業務。
10:00 1日のスケジュール 社外営業 土地情報を得るため営業先訪問。物件の打合せも午前にすませます。
12:00 1日のスケジュール 昼食 昼食は営業先の近くでとります。
13:00 1日のスケジュール 社外営業及び
物件調査
引き続き営業先へ訪問。現地の土地調査をし、役所で調べ物をしたりします。
17:00 1日のスケジュール 物件検討 営業先で紹介された物件の事業計画を立てたり、企画を考えます。
20:00 1日のスケジュール 退社 土地の購入前や、物件の引渡しの時は退社する時間が遅くなることもありますが、
通常はこのくらいに退社しています。

住宅事業部 工事課永井 龍也

流通事業部 流通グループ梅沢 仁

設計部木村 有稀

海外事業部高橋 隆介

TOPに戻る