グローバル・キャスト

住宅事業部 工事課

永井 龍也

2012年入社

Nagai Tatsuya

私は、株式会社グローバル・キャストの住宅事業部の工事課で施工管理をしています。分かりやすく言えば戸建住宅の現場監督です。建物の検査に立ち会い、協力会社の方と打ち合わせをするのが主です。現場の職人さんと協議をし、問題を解決していくことも重要な仕事のひとつです。

WORK

細心の注意で
顧客の要望を叶える

  • 住宅事業部の工事課で分譲住宅と注文住宅の施工管理を担当しています。分かりやすく言えば戸建住宅の現場監督です。建物の検査に立ち会い、協力会社の方と打ち合わせを行っています。
    常時6棟前後を同時に監督し、普段は現場に出ているので、スーツではなく作業着を着ていることが多いです。入社して5年が経ち、スーツより作業着の方がなじんできました。
    仕事において意識していることは、問題を事前に察知して先回りすること。そして信頼していただくことです。お客様からの信頼だけでなく現場の職人さんと協議をし、問題を解決していくことも重要な仕事のひとつです。
  • 注文住宅の建築は、お客様の夢を実現する仕事。絶対にミスは許されないため、ご要望に抜けや漏れのないように努めています。責任重大であるが故、やりがいがあります。住宅が完成すると、半年後に定期検査のため、施工したお客様の住宅にお伺いします。そのときに「とても住みやすい家ですよ」と言ってもらえることが私のモチベーションの源です。この現場を監督して良かったと心から思える瞬間です。

Project

難しい仕事。だからこそやりがいを感じる

  • 耐火基準の厳しい住宅の現場監督を担当したことがあります。当社としても扱うことが稀だったので、建材や工法を詳細まで調べながら施工管理を担当し、困難を乗り越え住宅を完成させました。かなり苦労したのですが、完成したときは、よく頑張ったと自分を褒めてあげたいぐらいの心境でした。こうした難しい注文は工夫や勉強ですが、やりがいがあります。
  • 今後もいろいろなことに積極的に挑戦していきたいです。
    ただ実際に担当してみると、協力会社や職人の方々と意思の疎通を図ることが重要なので、現場仕事とはいえ、コミュニケーション能力もとても重要な仕事です。

TURNING POINT

多種多様な
住宅に携われる

会社と成長を共にする

実家が材木店で、小さい頃から木造住宅を作るための材料が身近にあったせいか、私は住宅業界、特に木造の戸建住宅に興味がありました。
THEグローバル社を志望した理由は、戸建住宅を事業の柱の1つとして発展してきた会社だからです。「ここなら多種多様な住宅建設に携われる。」「自分の可能性が広がる。」と思い、私はTHEグローバル社に決めました。現在は木造住宅を多く施工していますが、将来、木造のアパートや軽量鉄骨、RCなど建てることができるよう、自分自身のスキルアップと共に成長していける環境です。

会社と成長を共にする

THEグローバル社に入社後、6年目で二級建築士の資格を取得しました。そして今年は一級施工管理技士の資格取得に向けて準備をしています。この資格を取得すれば、現場で活かせる知識が増えるので、自分の仕事にプラスになります。また、資格取得すればTHEグローバル社が支店を展開する際にも貢献できるようになります。会社の成長に合わせて、自分も一緒に成長していくというのが、今の私の目標です。

1日のスケジュール

8:20 1日のスケジュール 出社 休日明けの進捗確認、現場状況の確認、1週間のスケジュールなど確認作業です。
8:30 1日のスケジュール 朝礼 土地の販売情報や請負契約が入ったことなど営業・設計・工事で情報共有します。
9:00 1日のスケジュール 現場へ出発 お客様との立会いや第三機関の検査立会いなどで現場を廻ります。
10:00 1日のスケジュール 現場 現場では工事の進捗の確認や問題点など確認し職人さんと打ち合わせをします。
現場間の距離によりますが午前中に1~2現場廻ります。
12:00 1日のスケジュール 昼食 外回りなので時間は決められていません。
忙しい日は時間が少なかったり、昼食の時間がずれることもあります。
14:00 1日のスケジュール 現場 午前中に引き続き現場を廻ります。
17:00 1日のスケジュール 帰社 明るい時間に現場の仕事を終え、会社に戻ります。
17:30 1日のスケジュール 事務処理 現場廻りのまとめや業者の手配、工程管理、予算管理などの事務処理。
18:00 1日のスケジュール 退社 今日中にやるべきことはやる、仕事が終わったら早く帰るよう上司からも声がかかります。

流通事業部 流通グループ梅沢 仁

設計部木村 有稀

開発事業部 用地仕入課堀場 幸法

海外事業部高橋 隆介

TOPに戻る